北海洋上風力で新たなHVDC送電事業開始へ【シーメンス】「直流送電」7カ所を担当

シーメンスのエネルギー関連部門であるシーメンス・エナジーは、ドイツ北部の北海における洋上風力事業に直流高圧送電設備を納入する。 [画像・上:北海の洋上風力のTenneT社の送電事業においてシーメンスが担当する7つのHVDC送電事業(提供:Siemens)] 納入先の洋上風力プロジェクトは「ボルウィン5」(BorWin5)で、シーメンス・エナジーとスペインの大手建設会社ドラガドス(Dr…

記事全文をご覧頂きたい方は、新エネルギー新聞電子版もしくは無料会員登録をお願いします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Web版ログインページ
有料契約の方はこちらから
Web版ログインページ
機能限定版、試読の方は
こちらから

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る

プライバシーポリシー