エンビプロ・ホールディングス子会社が廃LiBの産廃処分業許可取得 含有される希少金属のさらなるリサイクルが可能に

鉄工業・リサイクル業の持ち株会社で、事業に使用する電力の100%再エネ由来化を目指す国際イニシアチブ「RE100」加盟企業でもあるエンビプロ・ホールディングス(静岡県富士宮市)は、グループ企業であるVOLTA(ボルタ、静岡県富士宮市)が使用済みリチウムイオン二次電池(LiB、廃電池)などの処理に対応した産業廃棄物所処分業許可を取得したことを発表した。 [画像・上:VOLTAの廃LiBリサイ…

記事全文をご覧頂きたい方は、新エネルギー新聞電子版もしくは無料会員登録をお願いします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Web版ログインページ
有料契約の方はこちらから
Web版ログインページ
機能限定版、試読の方は
こちらから

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る

プライバシーポリシー