栃木県の「SD足利メガソーラー発電所」を取得=エスリード

総合デベロッパーのエスリード(大阪市)は9月16日、グループで電力供給事業を手掛ける綜電(同)が、シナネン(東京都港区)から栃木県足利市の太陽光発電設備「SD足利メガソーラー発電所」を取得したと発表した。 綜電は、高圧一括受電による電力料金割引サービス事業「でんでんサポート」や、マンションLED化の支援事業「LED:M」などの事業を展開している。SD足利メガソーラー発電所は、綜電が取得した…

記事全文をご覧頂きたい方は、新エネルギー新聞電子版もしくは無料会員登録をお願いします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Web版ログインページ
有料契約の方はこちらから
Web版ログインページ
機能限定版、試読の方は
こちらから

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る

プライバシーポリシー