2MW級風車建設にタワークレーンを初採用【鹿島】狭小地での施工可能、環境への影響も最小化

ゼネコンの鹿島建設は、施工を担当している国内の陸上風力発電所の建設において、専用のタワークレーンを用いた工法を初めて採用した。 [画像・上:風車用タワークレーンによる「いちご米沢板谷ECO発電所」の風車建設の風景(提供:鹿島建設)] 風力発電所名称は「いちご米沢板谷ECO発電所」。不動産業・再エネ発電事業を営むいちご(東京都千代田区)のグループ企業である、いちごECOエナジーが発注し…

記事全文をご覧頂きたい方は、新エネルギー新聞電子版もしくは無料会員登録をお願いします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Web版ログインページ
有料契約の方はこちらから
Web版ログインページ
機能限定版、試読の方は
こちらから

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る

プライバシーポリシー