地熱・地中熱の利用を積極推進【環境省】低酸素社会実現に向けて23事業に補助

環境省は12月1日、公募を実施してきた「平成27年度地熱・地中熱等の利用による低炭素社会推進事業(地中熱利用事業分)」について、事業者の採択結果を発表した。採択されたのは「地域面的地中熱利用推進事業」2件と、「地中熱利用ヒートポンプシステムにおけるモニタリング機器設置事業」21件。 前者の事業者は和歌山県新宮市と株式会社メープルリーフ(北海道札幌市)、後者の事業者は個人20と宮古島市。 …

記事全文をご覧頂きたい方は、新エネルギー新聞電子版もしくは無料会員登録をお願いします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Web版ログインページ
有料契約の方はこちらから
Web版ログインページ
機能限定版、試読の方は
こちらから

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る

プライバシーポリシー