事業継続に貢献する電源安定化システム発売【TMEIC】高圧瞬低補償+非常用発電機の構成

東芝三菱電機産業システム(TMEIC、東京都中央区)は、高圧瞬低補償装置(MPC)と非常用発電機による工場・プラント向け電源安定化システムを開発し、12月より販売を開始した。 [画像・上:高圧瞬低補償装置(MPC) (提供:TMEIC)] 近年、地震や台風、雷などの自然災害で工場・プラントが被災し、瞬低や大規模な停電が発生するケースが増加している。TMEICは最大容量12MVAのMP…

記事全文をご覧頂きたい方は、新エネルギー新聞電子版もしくは無料会員登録をお願いします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Web版ログインページ
有料契約の方はこちらから
Web版ログインページ
機能限定版、試読の方は
こちらから

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る

プライバシーポリシー