高炉工程でのCO2排出量を約20%削減【神戸製鋼所】HBI装入による削減の実証に成功

神戸製鋼所はこのほど、エンジニアリング事業のミドレックス技術(直接還元製鉄法に関する技術)と鉄鋼事業の高炉操業技術を融合し、高炉工程でのCO2排出量を大幅に削減できる技術の実証に成功したと発表した。 [画像・上:実証試験で実証された高炉工程でのCO2削減率(提供:神戸製鋼)] 実証試験は昨年10月に加古川製鉄所(兵庫県加古川市)の大型高炉で約1カ月にわたり実施された。ミドレックス技術…

記事全文をご覧頂きたい方は、新エネルギー新聞電子版もしくは無料会員登録をお願いします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Web版ログインページ
有料契約の方はこちらから
Web版ログインページ
機能限定版、試読の方は
こちらから

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る

プライバシーポリシー