タイの生産工場でメガソーラーが稼働【三菱自動車】生産に伴うCO2削減へ

三菱自動車はさきごろ、タイの生産・販売会社ミツビシ・モーターズ・タイランド(MMTh)のレムチャバン工場でメガソーラーの運転を開始したと発表した。同社が海外工場に太陽光発電を導入するのは初めて。 [画像・上:MMThレムチャバン工場の屋根に設置した太陽光発電設備(提供:三菱自動車)] クリーンエネルギーの開発・投資を手掛けるインパクト・ソーラー・グループ(タイ)との電力供給契約(PP…

記事全文をご覧頂きたい方は、新エネルギー新聞電子版もしくは無料会員登録をお願いします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Web版ログインページ
有料契約の方はこちらから
Web版ログインページ
機能限定版、試読の方は
こちらから

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る

プライバシーポリシー