製紙原料用木材チップ運搬船就航【北越コーポレーション/日本郵船】排出SOx規制・搭載バラスト水規制クリアする「エコシップ」

製紙会社である北越コーポレーション(東京都中央区)は3月、同社の製紙原料である木材チップの国際海上輸送を行う専用運搬船が就航したことを発表した。 [画像・上:木材チップ専用運搬船「Southern Ace」外観(提供:日本郵船)] 同船の運用に関しては、北越コーポレーションと日本郵船は長期輸送契約を締結している。輸送する木質チップは合法性・持続可能性が証明された海外の植林地で生産され…

記事全文をご覧頂きたい方は、新エネルギー新聞電子版もしくは無料会員登録をお願いします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Web版ログインページ
有料契約の方はこちらから
Web版ログインページ
機能限定版、試読の方は
こちらから

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る

プライバシーポリシー