自社ビルで再エネマネジメント実証開始【豊田通商】消費電力を50kW抑制

豊田通商(名古屋市)は、自社ビルの豊田支店で太陽光発電、蓄電池、EMS(エネルギーマネジメントシステム)を導入し、再エネのマネジメント実証を実施した。 [画像・上:豊田支店外観(提供:豊田通商)] その結果、電気料金削減、使用電力の再エネ利用率の向上、災害発生時などの停電を想定したBCP(事業継続計画)の強化が見込まれることを確認した。 Goal connect(ゴールコネクト…

記事全文をご覧頂きたい方は、新エネルギー新聞電子版もしくは無料会員登録をお願いします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Web版ログインページ
有料契約の方はこちらから
Web版ログインページ
機能限定版、試読の方は
こちらから

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る

プライバシーポリシー