地域エネルギー事業展開の包括連携協定を締結【群馬県神流町/トラストバンク】第一弾として町営宿泊施設に太陽光+蓄電池導入、エネ地産地消&レジリエンス向上図る

神流町とふるさと納税サイトを運営するトラストバンク(東京都渋谷区)は7月14日、地域エネルギー事業における包括連携協定を締結した。 [画像・上:田村利男町長(左)と川村憲一社長] トラストバンクは2019年1月に地域エネルギー事業を立ち上げ、エネルギーの地産地消を支援している。神流町は同社のサイトを利用しており、協定により両者の連携をエネルギー事業にも拡大する。同社はふるさと納税事業…

記事全文をご覧頂きたい方は、新エネルギー新聞電子版もしくは無料会員登録をお願いします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Web版ログインページ
有料契約の方はこちらから
Web版ログインページ
機能限定版、試読の方は
こちらから

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る

プライバシーポリシー