【インタビュー】施工の現場から「第63回」『発電量低下を発見しパネル洗浄で8%回復』の事例

遠隔監視データがあればO&Mの効果が定量的に提示できる 先日「太陽光発電所の発電量が低くなっている気がする」と、ある発電事業者から相談を受けた。 [画像・上:発電量の変化を数値で示すことがオーナー理解を得る近道] 案件は2015年に発電開始し7年経過した低圧の屋根上発電所で、ここはオーナーが遠隔監視をよく見ており「何かおかしい」と気づくことができた。12カ月移動平均で解…

記事全文をご覧頂きたい方は、新エネルギー新聞電子版もしくは無料会員登録をお願いします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Web版ログインページ
有料契約の方はこちらから
Web版ログインページ
機能限定版、試読の方は
こちらから

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る

プライバシーポリシー