PPA方式の太陽光発電事業を展開【シャープ/芙蓉リース】タイで合弁会社を設立

シャープの子会社で、アジア・オセアニア地域でエネルギーソリューション事業を展開するシャープソーラーソリューションアジア(SSSA)は7月12日、タイで電力販売事業を担う合弁会社を芙蓉総合リースとともに設立したと発表した。 同日、首都バンコクに設立した合弁会社「Sソーラー・ジェネレーション・タイランド」を通じて、太陽光発電設備を工場などの屋根に無料で設置して電力を販売する「電力購入契約(PP…

記事全文をご覧頂きたい方は、新エネルギー新聞電子版もしくは無料会員登録をお願いします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Web版ログインページ
有料契約の方はこちらから
Web版ログインページ
機能限定版、試読の方は
こちらから

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る

プライバシーポリシー