極寒環境下の太陽光パネル性能維持を確認【トリナ・ソーラー】マイナス40℃でも構成素材の接合・材料の強度保持

トリナ・ソーラーは、第三者機関であるCGC(中国総合認証センター)と共同で、超低温環境下での「Vertex670Wモジュール」の機械的信頼性試験を実施し、マイナス40度Cの極寒の環境下でも優れた耐久性と信頼性を発揮することが検証されたと発表した。 [画像・上:極寒の地でのVertexモジュール(イメージ)] 同社モジュールは、冬の平均気温がマイナス40度Cまでになる中国・黒竜江省やス…

記事全文をご覧頂きたい方は、新エネルギー新聞電子版もしくは無料会員登録をお願いします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Web版ログインページ
有料契約の方はこちらから
Web版ログインページ
機能限定版、試読の方は
こちらから

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る

プライバシーポリシー