山梨県甲斐市にバイオマス発電所を建設【大和エナジー・インフラ】市構想の重点事業

大和証券グループの大和エナジー・インフラ(東京都千代田区)はさきごろ、山梨県甲斐市にバイオマス発電所「甲斐双葉発電所」を建設する計画を発表した。 同社が出資するDSグリーン発電甲斐合同会社が事業会社、開発コンサルタントのグリーン・サーマル(東京都港区)が監修となり、甲斐市内の約2.1haの土地に出力6,950kWのバイオマス発電所を建設する。年間発電量は、約1万3,000世帯分の使用量に相…

記事全文をご覧頂きたい方は、新エネルギー新聞電子版もしくは無料会員登録をお願いします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Web版ログインページ
有料契約の方はこちらから
Web版ログインページ
機能限定版、試読の方は
こちらから

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る

プライバシーポリシー