≪「再エネから直接水素キャリア製造」技術開発≫日豪間輸送しFCVに初めて供給=ENEOS/千代田化工建設/クイーンズランド工科大学

実用化視野に設備大型化加速へ ENEOS、千代田化工建設、クイーンズランド工科大学(QUT)の産学協同で進められている再エネ由来水素(グリーン水素)の日本-オーストラリア間国際サプライチェーン構築実証実験において、10月、サプライチェーンを経て得た水素を燃料電池自動車(FCV)に充填し、走行させることに成功した。 [画像・上:本実証の流れとイメージ(提供:ENEOS)] 201…

記事全文をご覧頂きたい方は、新エネルギー新聞電子版もしくは無料会員登録をお願いします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Web版ログインページ
有料契約の方はこちらから
Web版ログインページ
機能限定版、試読の方は
こちらから

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る

プライバシーポリシー