下水汚泥肥料を量産化へ【鹿児島高専】焼酎かすや竹チップなどを活用

鹿児島工業高等専門学校(鹿児島県霧島市)都市環境デザイン工学科の山内正仁教授は、鹿児島県農業開発総合センター(同)、産業技術総合研究所(茨城県つくば市)と共同で、地域バイオマスを利用した肥料の開発に取り組んでいる。 [画像・上:地域バイオマスを加えた肥料調整への第一段階(提供:鹿児島工専)] 鹿児島県は全国第2位の荒茶生産地だが、肥料を含む生産資材価格の上昇は茶農家の経営を圧迫し、地…

記事全文をご覧頂きたい方は、新エネルギー新聞電子版もしくは無料会員登録をお願いします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Web版ログインページ
有料契約の方はこちらから
Web版ログインページ
機能限定版、試読の方は
こちらから

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る

プライバシーポリシー