水素液化機の大型化・高効率化開発に着手【川崎重工】水素供給コストを低減

川崎重工業はこのほど、水素液化機の大型化・高効率化に向けた開発を開始した。 [画像・上:水素液化機開発イメージ図(提供:川崎重工)] 新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)が「グリーンイノベーション基金事業」として公募し、採択した「革新的液化技術開発」の一環。川崎重工子会社の日本水素エネルギーが幹事会社を務める「液化水素サプライチェーンの商用化実証事業」(構成会社:ENEOS…

記事全文をご覧頂きたい方は、新エネルギー新聞電子版もしくは無料会員登録をお願いします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Web版ログインページ
有料契約の方はこちらから
Web版ログインページ
機能限定版、試読の方は
こちらから

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る

プライバシーポリシー