最大1,000W発電可能なナノ水力発電システム開発中【東プレ】農業用水・工場排水の有効活用を想定

自動車部品などプレス関連製品の東プレ(東京都中央区)は、2023年にナノ水力発電システムの発売を目指している。 [画像・上:再生可能エネルギー世界展示会2022に展示された「ナノ水力発電システム」] 同社が開発中のナノ水力発電システムは、インライン式(管路式)の水力発電システムで、発電装置、パワコン、整流器ユニット、塵芥除去機構などが1パッケージとなり、高さと幅が150cm、奥行きが…

記事全文をご覧頂きたい方は、新エネルギー新聞電子版もしくは無料会員登録をお願いします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Web版ログインページ
有料契約の方はこちらから
Web版ログインページ
機能限定版、試読の方は
こちらから

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る

プライバシーポリシー