IoEプラットフォーム×V2Xの相互接続試験を実施【NextDrive/椿本チエイン】電動車VPPの効率化、エネマネサービス展開に期待

エネルギー管理やクラウドサービスの開発・提供を行うNextDrive(東京都港区)と、産業機械部品・自動車部品製造や電動車用充放電設備製造などを行う椿本チエイン(大阪市北区)は、NextDriveが設計・製造・販売するゲートウェイ「Atto」と、椿本チエインが開発・販売するV2X(ここでは電動車車両と電力系統との双方向充電)対応充放電装置「eLINK」の相互接続試験を実施した。 [画像・上…

記事全文をご覧頂きたい方は、新エネルギー新聞電子版もしくは無料会員登録をお願いします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Web版ログインページ
有料契約の方はこちらから
Web版ログインページ
機能限定版、試読の方は
こちらから

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る

プライバシーポリシー