茨城県稲敷市に蓄電池併設太陽光発電所を運開【ジャパン・リニューアブル・エナジー】米テスラ社の大型蓄電システム導入

ジャパン・リニューアブル・エナジー(JRE)はこのほど、同社初の蓄電池併設型太陽光発電所となる「JRE稲敷蒲ヶ山太陽光発電所」(茨城県稲敷市)が1月31日に運転を開始したと発表した。 [画像・上:JRE稲敷蒲ヶ山太陽光発電所(提供:ジャパン・リニューアブル・エナジー)] 富士アイティ(東京都富士市)がEPC(設計・調達・建設)を担った。出力は665kW、年間計画発電量は86万8,53…

記事全文をご覧頂きたい方は、新エネルギー新聞電子版もしくは無料会員登録をお願いします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Web版ログインページ
有料契約の方はこちらから
Web版ログインページ
機能限定版、試読の方は
こちらから

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る

プライバシーポリシー