リチウムイオン二次電池の新製品を発売【東芝】高入出力性能と高エネルギー密度を両立

東芝はリチウムイオン二次電池「SCiB」の新製品「20Ah-HPセル」を開発し、1月12日から受注を始めた。 [画像・上:「20Ah-HPセル」と「20Ahセル」の容量劣化比較(提供:東芝)] 同社はこれまで「高入出力タイプ」と「大容量タイプ」の2種類を展開してきた。新製品は大容量タイプのセルサイズを変えずに、入出力性能を高めたもの。大容量タイプの既存ユーザーは、現行のモジュールパッ…

記事全文をご覧頂きたい方は、新エネルギー新聞電子版もしくは無料会員登録をお願いします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Web版ログインページ
有料契約の方はこちらから
Web版ログインページ
機能限定版、試読の方は
こちらから

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る

プライバシーポリシー