【福島県】県内再エネ100%実現に向け、風力発電構想を推進。復興に貢献し、地元雇用の創出を図る

福島県は2月、産業復興計画「イノベーション・コースト構想」に基づく風力発電事業計画のうち「(仮)阿武隈風力発電構想」の計画段階環境配慮書を公開し、事業の概要を発表した。いわき市や田村市、南相馬市など阿武隈高地東側の丘陵地域を「事業実施想定区域」とし、3.5MWの風力発電設備を最大200基、合計700MWを設置する計画だ。 福島県は、2040年頃を目途に県内エネルギー需要の100%に相当する再…

記事全文をご覧頂きたい方は、新エネルギー新聞電子版もしくは無料会員登録をお願いします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Web版ログインページ
有料契約の方はこちらから
Web版ログインページ
機能限定版、試読の方は
こちらから

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る

プライバシーポリシー