【インタビュー】施工の現場から「第72回」「草刈りさえすれば大丈夫」という誤解

多様に存在する太陽光発電量低下の原因 野立て太陽光発電所にとって、雑草対策は常に大きなポイントで、発電量を低下させる主たる原因と言っても過言ではない。そうではあるが「草刈りさえしておけば大丈夫」と考えるのは大きな誤解である。 [画像・上:草木による発電量への影響は大きいが、それだけではない] 実際、定期的に草刈りしている発電所で配線を切ってしまった事例がある。1ストリング断線す…

記事全文をご覧頂きたい方は、新エネルギー新聞電子版もしくは無料会員登録をお願いします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Web版ログインページ
有料契約の方はこちらから
Web版ログインページ
機能限定版、試読の方は
こちらから

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る

プライバシーポリシー