地域熱プラントの運用をAIで最適化 開始【丸の内熱供給/新菱冷熱工業】従来の自動運転上回る省エネ性能を確認

大手町・丸の内などの東京都心部で商業ビル・オフィスビルを主な対象とした地域熱供給(地域冷暖房)事業を展開する丸の内熱供給(東京都千代田区)と、空調施設や地域熱関連施設などのEPCを行う新菱冷熱工業(東京都新宿区)は、大規模熱源システムを効率的に運用できるAI制御システムを開発した。熱分野において、中でも大規模地域熱供給事業において、他に先駆けてAIを本格的に活用し効率化を図る先進的な事例だ。 …

記事全文をご覧頂きたい方は、新エネルギー新聞電子版もしくは無料会員登録をお願いします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Web版ログインページ
有料契約の方はこちらから
Web版ログインページ
機能限定版、試読の方は
こちらから

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る

プライバシーポリシー