EV-建物間の電力双方向融通実証実施中【鈴廣/本田技研工業】状況に応じた柔軟な充放電で全体効率向上図る

かまぼこなどの加工食品製造・販売を行う鈴廣(神奈川県小田原市)と、本田技研工業は、電気自動車(EV)と建物間で電力を相互融通するエネルギーマネジメントの実証実験を行っている。 [画像・上:小田原市内にある鈴廣本社社屋と、実証に使用するホンダ製EV(提供:本田技研工業)] 小田原市内の鈴廣本社を中心に、同社の社用車としてホンダe(車載蓄電池容量35.5kWh)などホンダが提供するEV、…

記事全文をご覧頂きたい方は、新エネルギー新聞電子版もしくは無料会員登録をお願いします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Web版ログインページ
有料契約の方はこちらから
Web版ログインページ
機能限定版、試読の方は
こちらから

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る

プライバシーポリシー