【新潟県柏崎市】県内初となる200kW級の小水力発電所、浄水場で運開

[画像・上:赤坂山発電所の水車発電機] 新潟県柏崎市は2月1日、東京電力子会社の東京発電と共同事業で建設を進めてきた「赤坂山発電所」が、同市内赤坂山浄水場の構内で運転を開始したと発表した。発電出力は198kW、年間予定発電量は一般家庭300世帯分に相当する86万kWh。 柏崎市は施策の柱の一つに「再生可能エネルギー活用の推進」を掲げ、低炭素社会の実現を目指している。今回の小水力発電事業…

記事全文をご覧頂きたい方は、新エネルギー新聞電子版もしくは無料会員登録をお願いします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Web版ログインページ
有料契約の方はこちらから
Web版ログインページ
機能限定版、試読の方は
こちらから

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る

プライバシーポリシー