豊田市内の汚水処理施設260カ所実質再エネ電気を供給開始【シナネン】年間395トンのCO2排出削減

エネルギーソリューションを提供するシナネン(東京都港区)はこのほど、ホーメックス(愛知県豊田市)が豊田市で管理する汚水処理施設の一部に、実質再生可能エネルギー100%電力の供給を開始した。 [画像・上:スキーム図(提供:シナネン)] 豊田市は「2050年CO2排出実質ゼロ」を宣言している。愛知県で上下水道維持管理・施設管理運営事業などを展開するホーメックスは、同市内の汚水処理施設の包…

記事全文をご覧頂きたい方は、新エネルギー新聞電子版もしくは無料会員登録をお願いします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Web版ログインページ
有料契約の方はこちらから
Web版ログインページ
機能限定版、試読の方は
こちらから

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る

プライバシーポリシー