クリーン燃料アンモニア地産地消導入調査に着手【沖縄電力ほか】具志川火力発電所でアンモニア混焼

沖縄電力は6月21日、川崎重工業、アンモニア事業を展開するつばめBHB(東京都中央区)と共に、「沖縄地域におけるクリーン燃料アンモニア地産地消に関する調査事業」に採択されたと発表した。内閣府沖縄総合事務局の公募事業に応募して採択されたもので、3社は沖縄型クリーンエネルギー導入の促進事業を担当する。  [画像・上:調査の全体像(提供:沖縄電力)] 石炭火力発電所では、アンモニア混焼がC…

記事全文をご覧頂きたい方は、新エネルギー新聞電子版もしくは無料会員登録をお願いします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Web版ログインページ
有料契約の方はこちらから
Web版ログインページ
機能限定版、試読の方は
こちらから

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る

プライバシーポリシー