自然由来ガスを用いたガス絶縁開閉装置を東電PGから受注【東芝エネルギーシステムズ】新環境規制に対応し国内外で拡販へ

東芝エネルギーシステムズ(ESS)はこのほど、国内初となる自然由来ガスを用いたガス絶縁開閉装置(GIS)を、一般送配電事業者である東京電力パワーグリッド(PG)から受注したと発表した。東電PGの府中変電所に、12月末までに据付完了を予定。 [画像・上:ドライエア適用72/84kV-31.5kAガス絶縁開閉装置] 変電所などの電気施設で、電気の流れを遮断する装置が開閉装置だ。遮断器、断…

記事全文をご覧頂きたい方は、新エネルギー新聞電子版もしくは無料会員登録をお願いします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Web版ログインページ
有料契約の方はこちらから
Web版ログインページ
機能限定版、試読の方は
こちらから

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る

プライバシーポリシー