狭小スペース設置可能な新モジュール開発【エクソル】内部セル適正化により電圧上昇、パネル2枚でPCS駆動可能に

エクソル(京都市中京区)はこのほど、2枚からパワーコンディショナに接続して発電できる太陽光パネル「VOLTURBO(ボルターボ)」を開発したと発表した。 [画像・上:第2回「スマートエネルギーWeek[秋]」エクソルブースに展示された「VOLTURBO」] PCSの起動には一定の電圧が必要なため、一般的な住宅用PCSでは1回路ごとに4枚以上の太陽光パネル接続が目安となる。そのため同じ…

記事全文をご覧頂きたい方は、新エネルギー新聞電子版もしくは無料会員登録をお願いします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Web版ログインページ
有料契約の方はこちらから
Web版ログインページ
機能限定版、試読の方は
こちらから

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る

プライバシーポリシー