地球温暖化対策で官民連携する協定締結【福岡市/西部ガス】水素利活用拡大含め関連イノベーションでも協業へ

福岡県福岡市と、同市を中心に都市ガス事業を展開する西部ガス(博多区)は、「地球温暖化対策に関する連携協定」を締結した。地球温暖化対策を官民で包括的・着実に推進する。西部ガスが地球温暖化対策に関して自治体と連携協定を結ぶのは初。 福岡市は、2021年度に改定した地球温暖化対策実行計画の中で、2040年までに市内から排出される温室効果ガス(GHG)の実質ゼロ化を目指す方針を示した。また環境省の…

記事全文をご覧頂きたい方は、新エネルギー新聞電子版もしくは無料会員登録をお願いします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Web版ログインページ
有料契約の方はこちらから
Web版ログインページ
機能限定版、試読の方は
こちらから

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る

プライバシーポリシー