【年頭所感・2023年:企業㉘】中山 俊樹(株式会社ミライト・ワン 代表取締役社長)「技術と挑戦で『ワクワクするみらい』を共創する」

新年明けましておめでとうございます。2023年の年頭にあたり一言ご挨拶を申し上げます。

2020年から始まったコロナ禍が現在も続いておりますが、私たちを取り巻く環境は少しずつ変化し、withコロナの時代としての取り組みが目立ってきたように思います。我がグループにおいても、「コロナと共存しつつ働き暮らすワーク・ライフ・スタイル」を一人一人が考え試し、会社としても試行錯誤しながら「新たな働き方・暮らし方」の土台を築き、変化に柔軟に対応してきているのを感じています。

さて、昨年は我がグループにとって大きな転機・出発の年となりました。7月1日にミライトHD、ミライト、ミライト・テクノロジーズの3社が統合し「㈱ミライト・ワン」が発足し、ラントロビジョン、TTK、ソルコム、四国通建、そして、西武建設、ミライト・ワン・システムズと共に「ミライト・ワン グループ」として、新たなグループ体制が始動しました。これは次の10年に向けて戦っていく土台を整える大きな一歩でもあります。

ミライト・ワン グループ発足にあたっては、幅広い社会インフラ領域における様々な社会課題の解決に対し、これまで以上に貢献し続ける企業グループへ進化していくことを目指し、2030年に向けた新たな事業ビジョンとして、『MIRAIT ONE Group Vision 2030』を策定しました。
この『MIRAIT ONE Group Vision 2030』では、今後の成長領域を「みらいドメイン」と定義して事業領域の拡大を進めております。そこでは、「街づくり・里づくり/企業のDX・GX事業の加速」や「グリーン発電事業の拡大」に重点的に取り組んでいきます。またグローバル分野でも大規模な風力発電案件にチャレンジするなど、新エネルギー分野そのものを成長の大きなテーマとしていきたいと考えております。社会に、環境に、これまで以上に貢献できる「未来実装企業」として、ミライト・ワン グループは大きく飛躍していきます。

2023年1月5日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Web版ログインページ
有料契約の方はこちらから
Web版ログインページ
機能限定版、試読の方は
こちらから

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る

プライバシーポリシー