太陽光+蓄電池のDR実証事業開始【NEC/JERA】需要家側アセットによる系統安定化目指し

JERAとNECは、太陽光発電と蓄電池で構成された分散型電源をリソースとして、デマンドレスポンス(DR)などを用いて電力市場取引を行う実証事業を開始した。 本事業では、NECの安孫子実証センター内(千葉県我孫子市)に太陽光発電設備と蓄電池を設置。実質上の需要量を制御することで、発生する余剰電力を電力の供給力・調整力としてJERAがJEPX(日本卸電力取引所)にネガワット供出し取引を行ってい…

記事全文をご覧頂きたい方は、新エネルギー新聞電子版もしくは無料会員登録をお願いします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Web版ログインページ
有料契約の方はこちらから
Web版ログインページ
機能限定版、試読の方は
こちらから

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る

プライバシーポリシー