燃料電池で再エネ発電量の変動を抑制、CO2排出削減最大化目指す実証開始【トヨタ自動車九州/ヤンマー/AAKELほか】需給の精緻な予測技術も盛り込み

2050年カーボンニュートラル達成を念頭として、水素を軸にした環境と経済の好循環を福岡に生み出すべく、県下の産官学が結集する「福岡県水素グリーン成長戦略会議」。同会議が2022年9月に公募・採択した実証事業「水素ファクトリー開発モデル事業」で、今般、事業の内容が公表された。 [画像・上:本実証のイメージ(提供:ヤンマーホールディングス)] 採択されたのは「再エネと連動運転可能な定置型…

記事全文をご覧頂きたい方は、新エネルギー新聞電子版もしくは無料会員登録をお願いします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Web版ログインページ
有料契約の方はこちらから
Web版ログインページ
機能限定版、試読の方は
こちらから

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る

プライバシーポリシー