EV充電設備のシェアリングシステム構築実証実験開始【関西電力】将来的には一般EVユーザーへの充電器貸し出しも視野に

EVの充電設備をシェアするネットワークサービスの構築に向けた新たな実証実験が、関西電力など12社協働で始まった。 [画像・上:実証実験の全体像イメージ(提供:関西電力)] 実証実験に参画するのは、関西電力、エネゲート、関電不動産開発、関電ファシリティーズの関西電力グループ4社と、パートナー企業としてエイチ・ツー・オー商業開発、コーナン商事、上新電機、ジョーシンサービス、住友三井オート…

記事全文をご覧頂きたい方は、新エネルギー新聞電子版もしくは無料会員登録をお願いします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Web版ログインページ
有料契約の方はこちらから
Web版ログインページ
機能限定版、試読の方は
こちらから

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る

プライバシーポリシー