積雪からパネルを守るアタッチメント発売【エクソル】支持点を増やして荷重分散・パネル変形抑制

太陽光発電システムの設計・建設・メンテナンスを手掛けるエクソル(京都市中京区)はこのほど、多雪地域向けの「耐雪アタッチメント」を開発し、販売を開始した。 [画像・上:耐雪アタッチメント(提供:エクソル)] 企業の脱炭素化の動きの中で、自家消費太陽光の導入が増えている。工場や倉庫の屋根上に設置する場合は多くが折板屋根への施工になるが、同社では従来の工法では積雪の上限を120cmとしてい…

記事全文をご覧頂きたい方は、新エネルギー新聞電子版もしくは無料会員登録をお願いします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Web版ログインページ
有料契約の方はこちらから
Web版ログインページ
機能限定版、試読の方は
こちらから

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る

プライバシーポリシー