日豪水素SC実証、輸送船の国内受入港は川崎に決定【NEDO】5万立方mクラス実証用水素タンクで検証へ

新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)のグリーンイノベーション(GI)基金「大規模水素サプライチェーンの構築プロジェクト」において、日本水素エネルギー・岩谷産業・ENEOSにより取り組まれている水素の国際サプライチェーン(SC)構築に向けた「液化水素サプライチェーンの商用化実証」。現在の実証のステータスは、関連施設の建設工事および実証運転の開始に向けた技術調査の段階にある。今般NEDOは…

記事全文をご覧頂きたい方は、新エネルギー新聞電子版もしくは無料会員登録をお願いします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Web版ログインページ
有料契約の方はこちらから
Web版ログインページ
機能限定版、試読の方は
こちらから

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る

プライバシーポリシー