JPEAがロゴ刷新 「2050年300GW超太陽光導入」実現に向け発信力強化

太陽光発電設備関連の企業団体である(一社)太陽光発電協会(JPEA)は、協会のロゴを刷新した。 [画像・上:JPEAの新たなロゴ(提供:JPEA)] 新たなロゴはこの4月より使用を開始した。欧文体・略称(「JPEA」)欧文体・和文体いずれも刷新している。新たなロゴで発信力を高め、国内の太陽光導入目標として独自に掲げる「2030年125GW・2050年300GW超」達成に向けた取り組み…

記事全文をご覧頂きたい方は、新エネルギー新聞電子版もしくは無料会員登録をお願いします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Web版ログインページ
有料契約の方はこちらから
Web版ログインページ
機能限定版、試読の方は
こちらから

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る

プライバシーポリシー