脱炭素に向け鉄道アセット活用による水素利活用を推進へ【JR西日本】水素SCのプラットフォーマーとして産業・地域に貢献目指す

近畿圏・北陸・中国地方などに鉄道路線網を持つJR西日本。同社は2021年4月に独自の環境長期目標を策定し、2050年にグループ全体のCO2排出量を実質ゼロにすることを目指すとしている。 [画像・上:鉄道アセットにおける水素利活用計画の全体像イメージ(提供:JR西日本)] 4月、同社はこの「2050年ゼロカーボン」への取り組みの一環として、鉄道アセットによる水素利活用の検討を開始したこ…

記事全文をご覧頂きたい方は、新エネルギー新聞電子版もしくは無料会員登録をお願いします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Web版ログインページ
有料契約の方はこちらから
Web版ログインページ
機能限定版、試読の方は
こちらから

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る

プライバシーポリシー