資源エネ庁「地域共生型再エネ事業顕彰」に3件選定

経済産業省資源エネルギー庁は3月、「地域共生型再生可能エネルギー事業顕彰」の2022年度顕彰事業に関して、ソーラーシェアリング事業を構築したたまエンパワー(神奈川県相模原市)、木質資源地産地消を進めるTJグループホールディングス(大阪府大東市、更新事業)、早生樹による森林経営と木質バイオマスを両立するモリショウ(大分県日田市)の3件を選定した。 同事業は、地域との共生を図りつつ、地域におけ…

記事全文をご覧頂きたい方は、新エネルギー新聞電子版もしくは無料会員登録をお願いします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Web版ログインページ
有料契約の方はこちらから
Web版ログインページ
機能限定版、試読の方は
こちらから

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る

プライバシーポリシー