森林環境贈与税を税源とした森林保全の取り組み開始へ=長野県王滝村・木曽町/愛知県大府市

長野県王滝村及び木曽町と、愛知県大府市は「水源の森林の保全・育成に関する連携協定」を締結した。 [画像・上:協定締結の様子。写真左から、越原道廣・王滝村長、岡村秀人・大府市長、原久仁男・木曽町長] 王滝村・木曽町は一級河川・木曽川の水源近くに位置する。基礎の山間の森林資源そして水資源に恵まれた地であり、都市部にある大府市にとっても水源のエリアにある。そこで本協定締結を機に、森林環境贈…

記事全文をご覧頂きたい方は、新エネルギー新聞電子版もしくは無料会員登録をお願いします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Web版ログインページ
有料契約の方はこちらから
Web版ログインページ
機能限定版、試読の方は
こちらから

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る

プライバシーポリシー