≪欧州レポート≫ドイツの2023年7月までの再エネ新規導入量は10GWを突破 ~電力市場の整備も同時進行で推進

ドイツ国内で2023年1月はじめから7月末までに導入された再エネ電源は10GWを超えた。政権への逆風とは裏腹に、再エネへの関心は高まっている。 [画像・上:今年6月までの再エネの新規導入量(7月は蓄電池のみ反映されている)出典:Energy-Charts] 7月末で昨年の年間導入量に並ぶ ドイツ国内では、7月末までに7.9GWの太陽光と2.1GWの風力が新たに導入された。昨年は…

記事全文をご覧頂きたい方は、新エネルギー新聞電子版もしくは無料会員登録をお願いします。
ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Web版ログインページ
有料契約の方はこちらから
Web版ログインページ
機能限定版、試読の方は
こちらから

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る

プライバシーポリシー