南相馬市の営業所内で50kW燃料電池発電所運開【ミライト・ワン】長期蓄エネでBCP対応、通常時のピークカットにも活用

ミライト・ワン(東京都江東区)はこのほど、同グループのTTK鹿島営業所(福島県南相馬市)内において、定置式FC発電機(50kW)を設置した水素燃料電池発電所の運転を開始した。 [画像・上:トヨタエナジーソリューションズ社製定置式FC発電機(純水素燃料電池)] 同社はこれまで、カーボンニュートラル社会の実現に向けて、積極的に全国で太陽光発電関連設備の構築・運用を進め、災害に強い街づくり…

記事全文をご覧頂きたい方は、新エネルギー新聞電子版もしくは無料会員登録をお願いします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Web版ログインページ
有料契約の方はこちらから
Web版ログインページ
機能限定版、試読の方は
こちらから

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る

プライバシーポリシー