農業分野の脱炭素、次期エネ基で示されるべき「再エネkW導入目標」

農業の「産業振興としての再エネ活用」打ち出せ/キーとなる電化は「農業機械としての営農型発電」で 社会の脱炭素化は、特定の分野のみではなく分野横断で臨まなくては達成できない。当然、農林水産分野も例外ではない。他分野では脱炭素対応の一つとして再エネ導入が大きな地位を占めつつある中、特に農業分野でのこれからの脱炭素・再エネ導入はどうあるべきなのか。環境・農業・エネルギーの政策に詳しく、研究者・実…

記事全文をご覧頂きたい方は、新エネルギー新聞電子版もしくは無料会員登録をお願いします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Web版ログインページ
有料契約の方はこちらから
Web版ログインページ
機能限定版、試読の方は
こちらから

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る

プライバシーポリシー