朝来バイオマス発電所再稼働に向け燃料調達会社設立【大東建託】地元産出材活用で地域の林業振興、自社排出端材も有効活用

不動産事業を展開する大東建託は、今年7月に事業譲渡契約を締結した朝来バイオマス発電所(兵庫県朝来市)の来年度からの再稼働に向けて、9月に発電所運営を行う新会社の大東バイオマスエナジー(東京都港区)を設立。10月からは地元林業関係者などと連携して燃料である木材の調達を開始した。 [画像・上:「朝来バイオマス発電所」外観(提供:大東建託)] 朝来バイオマス発電所は、出力5,600kW、年…

記事全文をご覧頂きたい方は、新エネルギー新聞電子版もしくは無料会員登録をお願いします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Web版ログインページ
有料契約の方はこちらから
Web版ログインページ
機能限定版、試読の方は
こちらから

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る

プライバシーポリシー