ブルガリアで電力貯蔵用NAS電池が運開【日本ガイシ】太陽光と連携して再エネ利用率向上

日本ガイシはさきごろ、ブルガリアの窓ガラスメーカーであるロールプラスト(ソフィア州)に納入した電力貯蔵用NAS電池が今年7月に運転を始めたと発表した。 [画像・上:運転を開始したNAS電池(左)(提供:日本ガイシ)] ドイツの総合化学メーカーBASF(ビーエーエスエフ)の子会社から受注した案件で、NAS電池は東欧では初導入となる。ソフィア州内の生産拠点に設置されたNAS電池は、コンテ…

記事全文をご覧頂きたい方は、新エネルギー新聞電子版もしくは無料会員登録をお願いします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Web版ログインページ
有料契約の方はこちらから
Web版ログインページ
機能限定版、試読の方は
こちらから

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る

プライバシーポリシー