長岡市にメタネーション用大型製造試験施設建設開始【大阪ガス/INPEX】e-メタン商用化視野にスケールアップ目指す

大阪ガスとINPEXは10月、都市ガスのカーボンニュートラル化に向けたCO2-メタネーションシステムの実用化を目指す技術開発事業において、メタンガスを製造する試験プラント施設の建設を開始した。 [画像・上:施設完成後のイメージ(提供:INPEX/大阪ガス)] 本事業は、新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)の採択をINPEXが受けている。ガス田などからの随伴CO2、火力発電由…

記事全文をご覧頂きたい方は、新エネルギー新聞電子版もしくは無料会員登録をお願いします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Web版ログインページ
有料契約の方はこちらから
Web版ログインページ
機能限定版、試読の方は
こちらから

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る

プライバシーポリシー