テス・エンジニアリングがコープおおいたの大分市内新店舗でオンサイトPPA実施へ 太陽光286kWで発電、年間約33万kWhを供給予定

テス・エンジニアリング(大阪市淀川区)は、生活協同組合コープおおいた(大分市)の新店舗で現在建設中である「コープ南春日」(大分市南春日町)向けに、オンサイトPPAモデルを活用した自家消費型太陽光発電システムによる再エネ電気の供給を行うことが決定した。 コープおおいた コープ南春日の店舗屋根にテス・エンジニアリングが、パネル容量約286kWの自家消費用太陽光発電システムを設置する。発電システ…

記事全文をご覧頂きたい方は、新エネルギー新聞電子版もしくは無料会員登録をお願いします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Web版ログインページ
有料契約の方はこちらから
Web版ログインページ
機能限定版、試読の方は
こちらから

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る

プライバシーポリシー