《リポート》【ドイツ:バーデン‐ヴュルテムベルク州】風車の低周波音を州が独自調査。議論を客観化するため包括的に測定

[画像・上:バーデン‐ヴュルテムベルク州による報告書「風力設備およびその他の発生源からの低周波音・超低周波音」の表紙。人間への悪影響は科学的に証明できないと結論 ©LUBW] 南ドイツのバーデン‐ヴュルテムベルク州では、長年、風力発電に消極的な政策が取られてきた。そのため、ドイツでは風力の普及が最も遅れた州になっている。しかし、2011年に福島第一原発事故の影響を受けて緑の党の州知事が誕生し…

記事全文をご覧頂きたい方は、新エネルギー新聞電子版もしくは無料会員登録をお願いします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Web版ログインページ
有料契約の方はこちらから
Web版ログインページ
機能限定版、試読の方は
こちらから

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る

プライバシーポリシー